在籍確認の内容は?

カードローンには仮審査と本審査というのがあります。仮審査はコンピューターによる自動審査なのであっという間に結果がわかります。仮審査に通ったら本審査が始まるわけですが、この本審査の過程で在籍確認というのがあります。在籍確認はカードローンに申し込んだ人の勤務先に、カードローンの担当者が電話をかけるというものです。この在籍確認が取れないと審査には通りません。仕事を持っていない専業主婦でも借りれるカードローン場合は、もちろん職場への在籍確認はありませんが、本人確認ということで、自分が連絡先として指定した電話番号に電話がかかってきます。

 

この在籍確認があるので、カードローンの申込みは躊躇するという方もいるかもしれませんが在籍確認はそれほど心配する必要はありません。

 

主婦とお金

というのは、在籍確認をするスタッフは非通知で、社名を出さず個人名でかけてくるからです。

 

ですから職場の同僚が電話に出たとしても、カードローンの在籍確認の電話だとは分かりません。ただ、勤務先が非通知の電話は受け付けないようになっている場合は、電話番号を通知してかけてきますが、その場合も社名は名乗らないので心配ありません。在籍確認で聞かれる内容も名前や住所、生年月日などで、オペレーターがいう内容に間違いがなければ、肯定の答えをするだけでOK]なので、周りで同僚や上司が聞いていてもカードローンの在籍確認であることはわかりません。

 

それから、専業主婦が専業主婦でも借りれるカードローンに申し込んだ場合ですが、自宅を連絡先にしておくと自宅に電話がかかってきます。

 

自宅への電話も個人名でかけてきますので、ご主人に内緒でカードローンに申し込んでいた場合でも心配ありません。ただ、それでもやはり心配という方は、連絡先を自分の携帯電話にしておいてください。本人確認で聞かれることは、名前や住所、生年月日などですが、申し込み書に書かれた内容に疑問があると、申し込み内容についても聞かれることがあり電話が長くなります。その場合、家族がそばにいると悟られてしまい内緒にできないので注意してくださいね。

 

職場への在籍確認については心配な点があればカードローンの申し込みの際に相談してみてください。銀行カードローンに申し込んだ場合は、個人名ではなく銀行名でかけてきてもらう方が都合がいいかもしれませんし、消費者金融に申し込んだ場合も個人名での電話は不自然と感じるならどこかの社名を名乗ってほしいとお願いすることもできます。

 

専業主婦の方が自宅を連絡先としていて、自宅に確認の電話がかかってくる場合、家族には内緒にしたいので、同窓会の案内などの名目でかけてきてほしいとお願いすることもできます。ちなみに専業主婦の方でご主人に内緒で借りたいと思う場合は、消費者金融のカードローンでは無理なので銀行カードローンに申し込んでください。消費者金融のカードローンは配偶者の同意書がないと契約できないのでご主人に内緒では申し込みができません。

 

最近では、カードローンの在籍確認を一部の人に対しては行わないところもあります。でも、誰に在籍確認の電話をして誰にはしないかということは、申し込んだ側にはわかりませんから、在籍確認はあるものと思っていてください。でも、プライバシーを十分尊重して行われるのでさほど心配する必要はありませんよ。

 

また、どうしても電話での在籍確認が嫌という方(収入がある方のみ)は、会社に在籍している書類があればOKという所もあります。詳しくはカード会社に問い合わせてみてください。