要注意!闇金の手口はコレ

アコムやプロミスなどの大手消費者金融のカードローンのCMは女性や若者も気軽に借りれるようにコミカルで明るい雰囲気になっていますね。大手消費者金融からお金を借りるときには、審査に通るかどうかは不安があったとしても、騙されるのではという心配はありませんね。なので大手の消費者金融のカードローンには安心して申し込みができますが、規模が小さい消費者金融の場合はヤミ金もあるのでちょっと心配ですね。それで、ヤミ金に騙されないためにヤミ金の手口を知っておく必要があります。

 

まず、「090金融」と呼ばれる携帯電話で連絡を取って、お金を貸す消費者金融があります。

 

闇金

消費者金融の広告やホームページに携帯電話の連絡先しかない場合はヤミ金です。

 

警察の手を逃れるためにプリペイド式の携帯電話で連絡をとって、高い金利でお金を貸します。また、年金を担保にお金を貸すという高齢者を狙ったヤミ金もあります。業者が年金を担保にお金を貸すことは法律で禁じられています。お金に困った高齢車が年金を担保に闇金にお金を借りて「年金証書」「振込通帳」「印鑑」などを取り上げられてしまったというケースもあります。

 

また、紹介屋と呼ばれるヤミ金もあります。まず、その消費者金融にお金を借りに行くとうちでは貸せないが別の消費者金融を紹介するといって、全く関係のない消費者金融などを紹介します。

 

もし、そこのカードローンで借り入れができたら、紹介料として融資額の2〜4割の手数料をとります。ヤミ金は実際には何もせずお金だけをだまし取るわけです。

 

また、整理屋というのもあります。

 

整理屋はカードローンなどの返済に困っている人に対して、債務を整理してやるともちかけ、いい加減な手続きしかせず、手数料をとるヤミ金です。

 

整理屋は弁護士の名義を借りている場合もあるので注意が必要です。弁護士が「受任通知」というのを債権者に送ると債権者は返済の催促を債務者にすることができなるのですが、債務者は取り立ての連絡がなくなるので、業者を信用し安心しますが、債務整理が終わるまでには時間がかかるので、その間に高い手数料を取り続けます。 

 

また、買取り屋というのがあります。買取り屋はカードローンの返済などで苦しむ人に、クレジットカードで高い商品を購入させてそれを現金で買い取ります。たとえば、50万円の商品を購入させて、その商品を20万円で買い取ります。買取り屋はその商品をもっと高い金額で転売して利益を得ます。買取り屋を利用するとその時にはすぐに現金が手に入りますが、購入した商品に対する支払いは自分がしていかなくてはならなくなります。ですから、借金はさらに増えることになります。

 

また、お金に困っている主婦や専業主婦を狙ったヤミ金もあります。専業主婦が消費者金融からお金を借りる場合は、配偶者の同意書が必要なですが、ヤミ金はそのような書類がなくてもお金を借りれると誘います。夫には相談できなくて内緒で借りたいと思っている専業主婦にとってはいい話に聞こえます。ヤミ金が専業主婦や主婦に近づく場合は、まず親身になって話を聞きます。そして相手を信用させたところで契約させ、法律に違反した高金利で融資し、高い利息を取り続けます。返済ができなくなると風俗で働くように強要されることもあります。

 

ですから夫に内緒でお金が借りられるという甘い誘いに乗らないようにしてください。消費者金融からお金を借りるときには必ず配偶者の同意が必要になります。内緒で借りたい方は銀行カードローンを利用してください。銀行のカードローンの中には専業主婦でも借りれるものがあります。たとえば、三菱東京UFJ銀行やイオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行のカードローンは専業主婦でも借りれるようになっています。

 

ヤミ金にいったんかかわるとやがて返済ができなくなり、自分も苦しむことになりますが、家族にも迷惑をかけることになります。もし、すでに闇金にかかわってしまった方がいるならすぐに警察や弁護士、消費生活センターなどに相談して一日もはやくヤミ金から逃れてください。